家族間や夫婦で信仰する宗教が異なる場合のお墓について

家族であっても、夫婦であっても信仰する宗教が同じとは限りません。
家族や夫婦は同じ宗教を信仰しなくてはならないという決まりはなく、自由に宗教を選べる時代です。 しかし、家族や夫婦間で信仰する宗教が異なる場合に少々困ることがあります。 それが「お墓」です。 通常はそれぞれ宗教にそったお墓の形式がありますので、信仰宗教が違う場合はどうすればいいのでしょうか。

家族間、例えば親と子の信仰する宗教が違う場合は、別々のお墓を建てることがあります。 夫婦間で信仰する宗教は違う場合も、別々のお墓を建てることはもちろん可能です。 しかし、多くは夫婦で信仰する宗教に違いがあったとしても、同じお墓に一緒に納骨されることが多いようです。 先祖代々のお墓があり、新たにお墓を建てずにそこに納骨する予定である場合も、同じお墓に納骨することが多いです。

ただ、信仰心が強くきちんとその宗教に合ったお墓を建てたいという場合もあると思います。 その際は生前から夫婦でよく話し合っておく必要があります。 亡くなってから改宗し同じお墓に入るという選択もありますし、別々のお墓に入るのも一つの方法です。 終活の一環としてそういったことは話し合っておくのが良いでしょう。

ただ先述しましたように、宗教は違っても夫婦で同じお墓に入りたいというケースは多々あります。 その場合は、寺院墓地を選ばず、民営霊園や公営霊園を選び、お墓を建てると良いでしょう。 民営霊園や公営霊園は宗教不問であることが多いので、お墓にしきたりがありません。 宗教が違うと、建てたいお墓のスタイルにも違いがあるかもしれません。 どの宗教にも該当しない現代のお墓、例えば洋型墓やデザイン墓などを選べば、問題は解決されるのではないでしょうか。 夫婦墓という選択をし、二人だけのお墓を建てれば先祖の宗教や子供たちに関係なく埋葬することも可能です。

最近では寺院墓地であっても「宗教不問」としている所もあるのですが、こちらは注意が必要です。 なぜなら、生前の宗教は問わないが、お墓に入るまでの改宗を条件としている場合があるからです。 夫婦間・家族間で信仰する宗教が違うのであれば、やはり宗教不問の民営霊園や公営霊園を選ぶことをおすすめします。

しかし、家族間、夫婦間で信仰する宗教に違いがあるとなると、困るのはお墓だけではありません。 「葬儀」においても困ることが出てくるのではないでしょうか。 では、家族間・夫婦間で信仰する宗教に違いがある場合の葬儀はどのようにするのが良いのかご紹介していきます。

故人の信仰する宗教を尊重した葬儀をおこなう

故人の信仰する宗教を尊重した葬儀を行うケースがあります。 例えば、他の家族はみな仏教ですが、故人だけは別の宗教と言う場合、故人が信仰していた宗教の葬儀方法をおこないます。

無宗教の葬儀を行う

仏教、神道、キリスト教など、現在日本にはさまざまな宗教がありますが、家族間や夫婦で信仰する宗教に違いがある場合、無宗教の葬儀を行うという方法もがあります。 ただ葬儀は無宗教でおこなっても、故人の生前の意志を尊重し、供養は故人が信仰していた宗教のやり方でおこなうのも良いかもしれません。

通夜と告別式をそれぞれ違うものにする

例えば、お通夜においては無宗教でおこない、告別式は故人が信仰していた宗教でおこなうというもの。 無宗教のお通夜では特に何もせず、生前故人が好きだった音楽などをかけて過ごすのも一つの方法です。

家族間、夫婦で信仰する宗教が違う場合は、自分が亡くなった時に残された家族が困らないように、葬儀やお墓についてきちんと話合っておくのが一番良い方法です。 同じお墓に入るべきか、葬儀や法要をどのようにするかなどを前もって話しておくことが大切です。 自分の希望をはっきりと伝えておくことが大切です。

日本では昔は夫婦になったその日から、妻が夫の宗教へ改宗するのが当たり前でした。 夫の元へに嫁ぐのですから、夫の姓になり宗教も改宗するというのが日本人の考え方でした。 しかし、それは決して法律で決められていることではありません。 現在はさまざまな宗教が日本に存在しています。 家族間で、夫婦で別の宗教を信仰していることは不思議ではありません。

生前家族でしっかり話しをしておけば、故人の意思を尊重した葬儀をおこなってくれるでしょう。 お墓についても同じです。 また、直接家族に言いにくいという場合は、終活の一環として供養や法要の方法、お墓に対する希望をエンディングノートや遺言書にきちんと書いておくと良いでしょう。 エンディングノートや遺言書にきちんと記載しておけば、家族や親族、周囲の人々との誤解を避けることに繋がります。

当社では、家族間、夫婦で信仰する宗教が違う場合のお墓についての相談も承っております。 少しでも不安なこと、疑問に思うことがあれば、些細な事でも構いませんのでお気軽に当社までお問合せ下さいませ。