基礎工事から墓石が建つまでの工程をご紹介させていただきます。

※下記は一例です。土地の状態によって行程内容が変わることがあります。

①墓地の施工前

墓地の最初の状態です。

墓地 施工前

②土のすき取り

不要な土をすき取り、地面を30センチ程度の深さまで掘り起こします。

掘った墓地

③地盤強化

ぐり石を敷き詰めます。ランマーによって転圧をし、地面を強固にしていきます。

※現地の状況によっては、ぐり石または砕石、両方など使い分けられます。ランマーが利用できないところでは、人力のタコ足が使われることもあります。土木国家資格を持ったスタッフが、現地の状況を見させていただき、最適な施工をご提案します。

墓地 地盤強化

このように地盤に支柱を埋め込み、その上からコンクリートを流し込むこともあります。これにより、基礎部分から耐震強度が大幅にアップします。

※別途有償オプションです。※別のお墓の例です。

墓地 基礎耐震強化 支柱

④鉄筋敷き詰め

型枠をして、鉄筋を10~20cm程度の間隔に敷き詰めます。そして、納骨穴、空気(水)抜きの穴を開けます。

※現地の状況によっては、鉄筋ではなくワイヤーメッシュ、その両方を使うこともあります。

墓地 地盤 鉄筋強化

地下納骨型のタイプの場合、納骨室の周りを土にする施工方法もあります。故人が息苦しくないように、納骨室の周りに土を残して空気を吸えるようにさせて頂くためです。

墓地 地盤 地下納骨型

⑤コンクリート打ち

15~30cmの厚みで、コンクリートを打ちます。施工場所の地盤強度により、コンクリートの厚みは多少変わります。

墓地 コンクリート打ち

雨が降った時に、水がお墓の内部にたまらないようにするために、専門の職人がコテで綺麗に緩やかな傾斜をつけ、水が流れるように仕上げます。コンクートが固まるまで数日間養生します。

墓地 コンクリート打ち 傾斜

⑥外柵据え付け

外柵石をモルタル、石材用ボンドで据付します。

墓地 外柵据え付け

石が開いたり、ずれたりしない様に、ステンレス金具(L字)などで内側から補強します。

外柵 補強

外柵の固定に溶接を利用する場合もあります。

外柵 補強 溶接

⑦水平チェック

水平器で、石の傾きが無いかチェックをしながら施工していきます。

墓石 水平チェック

⑧石の貼り合わせ

ぐり石、モルタルで下地を作り、石を丁寧に貼り合わせていきます。

石の貼り合わせ

⑨免震施工

地震でお墓が倒れたり、ずれたりしない様に、下台・上台部分に墓石用地震ゲル「泰震」を4カ所取り付けます。
※泰震は、優れた免震性能と耐久性を誇る、墓石専用のゲルです。詳しくは「耐震・免震施工」のページへ

免震施工

竿石が乗る部分にも、墓石用地震ゲル「泰震」を4カ所取り付けます。

免震施工

⑩お墓完成

最後に、残りの部品を組み立て、墓石の完成です。写真は「千鳥デザイン墓 LEAF(リーフ)」です。

墓石完成