銘石シリーズ クリスタルブラウン(南アフリカ産)

墓石というと、グレーや黒とのイメージがありますが、それ以外の色味のものもたくさんあります。 その中の一つが南アフリカ産の『クリスタルブラウン』です。

クリスタルブラウンも花崗岩ですが、花崗岩としては珍しい茶系の石材として知られています。 茶系であることから、和型墓よりも洋型墓やデザイン墓に選ばれることが多いようです。 茶系とは言っても、もちろん茶色一色ではありません。 全体的には茶色ですが、その中に紫や黒の模様がまばらに入っているため、落ち着いた雰囲気となっています。

最近ではインド産のクリスタルブラウンも多く販売されています。 南アフリカ産のクリスタルブラウンの採掘量が少なくなってきている事がその理由です。 ただ、双方を比べてみるとやはり南アフリカ産の石材の方が美しいようです。

クリスタルブラウンは『磨くことでクリスタルのような結晶が見える』事から名づけられました。 吸水率が「0.040%」と低く、石質が硬いため高級石材に指定されています。 その色合い、耐久性に優れていることから、昔は建物にも使用されていましたが、 最近では採掘量が少ないため、墓石程度の大きさにしか加工することが出来なくなっています。

当店でも洋型墓やデザイン墓にクリスタルブラウンが人気です。 これまでにも多くのお客様からのご依頼で、クリスタルブラウンのお墓を建てさせて頂きました。 それらは当社の公式サイトの墓石建立実績に画像を掲載しておりますので、是非チェックしてみて下さい。 ブラウンの色合いは高級感があり、とても落ち着いた雰囲気のお墓に仕上がっております。

また、最近では中国産のクリスタルブラウンも輸入されています。 あくまで見た目が似ているため同じ名前で販売されているようなのですが、その質は全く違うものです。 業者の中には産地を隠して「高級墓石」として販売しているところもあるので注意が必要です。 希少性のある高級墓石の購入をお考えの場合は、信頼できる業者から購入することをおすすめします。