墓地の価格相場とは

お墓を建てるには必ず墓地が必要です。 そのため、墓石を購入するよりもまずは墓地を探すことから始めなくてはなりません。

ただ気になるのは墓地の相場ではないでしょうか。
墓地は購入するものではなく「永代使用料」と「管理料」を支払い使用させて頂くものです。 永代使用料は霊園や寺院墓地の場所代です。つまりは使用料のことです。 永代使用料を支払えば墓地を永久に使用することができるのですが、毎年支払わなくてはならない管理料が支払えなくなった場合は使用権が無くなってしまいます。 仮にお墓の継承者がいなくなり管理料が支払えないという場合は、無縁仏として扱われてしまいます。

では永代使用料はいくら位が相場となっているのでしょうか。

永代使用料は墓地の種類や墓地の広さによって大きな違いが生じます。 墓地には寺院墓地、民間霊園、公営霊園があり、最も安いのが公営霊園です。 全体的に見た永代使用料の相場は30万円前後~200万円以上とかなりの幅があります。 安い場合は30万円前後なのですが、寺院墓地でも格式の高い一等地の墓地であった場合は200万円以上という場合もあります。 平均すると70万円前後が妥当と言われていますが、安いに越したことはないという場合は公営霊園を利用すると良いと思います。 ただ、公営霊園は抽選であり、空きがなければ抽選さえもできません。 公営霊園が良いと考えている場合は、早めに各市町村役場に問い合わせてみると良いでしょう。

当社も運営に関わる民間霊園があります。
栃木県日光東照宮霊園、千葉県我孫子霊園、そして茨城県つくば霊園です。 自然溢れる静かな場所にある霊園を希望されている方に適しています。 見学してみたい、という方は是非当社までご連絡下さい。

墓石は古くなれば買い換えることが可能ですが、墓地を移動するのはなかなか大変なものです。 だからこそ、慎重に選び決めなくてはならないと思います。 寺院墓地、民間霊園、公営霊園などそれぞれのメリット・デメリット、そして価格をしっかり把握し後悔のないように決めていきましょう。