銘石シリーズ アーバングレー(インド産)

アーバングレー

インド産の石材『アーバングレー』は、別名「ムドカルグレー」「MD5」とも呼ばれています。 インド産石材の中でも白御影石の代表格です。 品の良いグレー系の中目御影石で、光沢があり高級感があります。 アーバングレーには等級があり、濃い色の石ほど高価なものとなっています。 硬くて変質することがなく、吸水率も低いため墓石として適しています。 ほとんど水を吸わない性質ですから、雨が降っても濡れているように思えないとても不思議な石です。

インド産アーバングレーは全国的に人気が高い石材であり、墓石だけでなく、外柵や石碑などにも使用されています。 インド産の石材は最近になってさまざまな種類が日本に輸入されていますが、アーバングレーは日本で使用されるようになってから20年以上も経っているロングセラー商品です。 国産の白御影石に比べるとリーズナブルな価格で購入することができるので、人気の石材となっています。

インドは中国に次ぐ天然石の宝庫です。 さらに、最近では中国産の石材よりもインド産の方が優れた性質を持っているので人気が高いと言えるでしょう。 アーバングレーは長年日本で使用されてきた実績ある石材ですから、白御影石をご希望のお客様にはアーバングレーをおすすめする石材店も多いと思います。

アーバングレーは現在、インドに7箇所の採石丁場があるのですが、その丁場によって石目に多少の違いがあります。 薄めのグレーから濃い目のグレーまで種類があり、好みの色合いを選ぶことができます。 スタンダードな白御影石ですから、和墓をはじめ、洋型墓、デザイン墓にもとてもよく似合います。 外柵なども同じアーバングレーを使用される方も多いです。 また、外柵だけをアーバングレーにされる方も少なくありません。 当店でもアーバングレーを使用したお墓を数多く建立して参りました。 どれも品のあるお墓です。 比較的安価な石材であり、優れた性質であることから『安さと品質を兼ね備えている』と言えるのではないでしょうか。