菩提寺とは何?

菩提寺

墓地などを探していると良く耳にするのが「菩提寺」です。

菩提寺とは、特定のお寺を指す名前ではなく、ご自身の先祖代々のお墓があるお寺のことです。 決まった菩提寺がある場合は、そのお寺に葬儀や法事などをお願いするのが一般的です。 別の墓地を選びお墓を建てた場合は、特に菩提寺に依頼する必要はありません。 ただ、先祖代々お世話になっている菩提寺ですので、頼りにしてお願いする方が様々なことがスムーズにおこなわれます。 突然の不幸があった際にご葬儀のことなどなるべく不安や心配は減らしたいと思うはずです。

しかし最近問題となっているのが菩提寺が遠く離れた田舎にあり、お墓に中々行くことができないというものです。 ご自身の他に田舎のお墓を見てくれる人がいないとなると、先祖のお墓は荒れる一方です。 そうした場合、近くに新たな墓地を見つけ、そこにお墓を建てて遺骨を移動することも可能です。 これまでお世話になってきた菩提寺とは縁が切れてしまいますが、先祖のお墓を蔑ろにするのもよくありません。 また最近増えているのが、菩提寺が田舎にあるけれど、自宅が都心にありそこで亡くなるケースです。 葬儀や戒名などわざわざ遠く離れたの菩提寺にお願いするのも大変だということで、 仕方なく近くのお寺にお願いするのは良いのですが、事が落ち着き菩提寺へ納骨手続きに行った場合「戒名」の付け替えを要求されることが多いそうです。 基本的に同じ宗派以外の方の納骨はできないため、菩提寺と近くのお寺が別宗派だった際はこのようなことがおこります。 菩提寺のお墓に納骨すると決まっている場合は、まずその菩提寺に連絡をし、どのようにすればよいか相談していただくことをお勧めいたします。

菩提寺がある場合のメリット

手厚い供養を受けることができる

菩提寺にはもちろんお坊さんがいらっしゃいます。 そのため、他の墓地形態と比べて手厚い供養を受けることができます。

仏事に関することを相談できる

仏事に関する知識は中々得る機会がありません。 そのため、いざ葬儀や法事をすることになると、色々と分からないことが出てくるでしょう。 そんな時に菩提寺があれば住職に相談することができます。 親身になって色々相談にのってくれるので有難いと感じるでしょう。