納骨堂の価格相場とは

納骨堂 相場

納骨堂は現在のお墓の形として都心を中心に増加しています。 墓地を購入し、お墓を建てなくても良い供養の場として数多くの方から選ばれています。

広々とした墓地・霊園用の土地がない都心などではさまざまな形の納骨堂が増えています。 ロッカータイプや仏壇タイプなど屋内施設であることが一般的であり、一般的なお墓よりの安いことが大きなメリットです。 そんな納骨堂の一般的な価格相場(目安)は一人用の納骨堂で50万円程度、そして家族用の納骨堂で100万円前後となっています。 納骨堂によって他にも年間の管理料が1万円前後かかることもあります。 50万円~100万円の費用の中には、永代供養料・永代使用料、納骨費用、開眼法要費用まで含まれているので、とても便利だと言われています。 他にも公営霊園が運営している納骨堂があり、そういった納骨堂であれば20万円前後で済む場合もあります。 ただ、公営霊園が運営している納骨堂は空きが少ない場合があるため、早めに確認することをおすすめします。

納骨堂の種類

ロッカー式

コインロッカーのような仕組みになっていることからロッカー式納骨堂と呼ばれています。 ロッカー式の納骨堂は一人用~三人用までのものがあり、収納スペースには骨壷や位牌を置くことが可能です。
費用:10万円~

仏壇式

仏壇があることから仏壇式と呼ばれています。 ロッカー式よりも費用が高めに設定されていますが、仏壇を置くことができるので参拝に適しています。
費用:30万円~100万円程度

自動搬送式

ICカード認証により遺族が参拝する場所まで遺骨を運搬してくれる納骨堂です。 とても現代らしい機械を利用した納骨堂であり、24時間参拝可能なものもあります。 納骨堂として一番価格が高いものとなっています。
費用:50万円~100万円以上

このように納骨堂にはさまざまな形があります。 選ぶ納骨堂によって価格に違いがありますので、利用される場合は家族できちんと話し合うことをおすすめします。