永代供養の価格相場とは

永代供養の相場

最近話題となっている「永代供養」は、お墓を継承する人がいなくても、お寺などが責任を持って永代にわたりお墓の管理と供養をおこなってもらえるものです。

高齢化社会、少子化が問題となっている現代日本においてお墓の継承者がいないというのは切実な問題です。 高齢者夫婦が終活の一貫で自分達の入るお墓を建てることを考える際、子供がいない、子供達が遠方で暮らしている等の事情があると、お墓を建てても守ってくれる人がいないのでお墓を建てることを躊躇してしまうと言います。 永代供養を選択するとそうした不安を払拭してくれます。 ただ永代供養とは言っても、永久的に個別に供養してもらえるわけではありません。

永代供養は基本的に2種類あります。

最初から共同墓に納骨する場合と、一定期間個別に遺骨を納骨堂に安置し期間が過ぎると共同のお墓に納骨する場合の2つです。 永代供養はどの墓地や霊園でも可能かと言えばそうではありませんので、希望する場合は可能な墓地、霊園を探す必要があります。 そんな永代供養付きのお墓の価格相場は3万円~100万円前後です。 価格にかなりの幅があるのは、墓地や霊園、そして選択するケースによって異なるからです。 最初から共同の合祀墓に入る場合は、墓石代がかからなく、墓地使用料も非常に安いことから、その相場は3万円~10万円程度です。 納骨堂に一定期間個別に安置する場合は、10万円~100万円前後が相場となっています。 納骨堂の立地条件や設備により価格が異なるのですが、駅から近いとか24時間参拝ができるといった利便性を求めなければ安く済ませることが可能です。

どちらにしても、永代供養は墓石を購入してお墓を建てる必要がないため、比較的安く済ませることができます。 現代ならではの供養の形ではありますが、今後更に永代供養の需要が拡大するに違いありません。 また、既にある先祖代々の古いお墓の永代供養を希望される方は、その霊園や墓地でそれが可能なのかを聞いてみると良いでしょう。