夫婦別墓、死後離婚とは?

夫婦別墓

近頃「夫婦別墓」望む方が増えているようです。

以前は夫婦は生涯と共にし、亡くなってからも同じお墓に入るのが当たり前でした。 しかし、中には夫と一緒にお墓に入りたくないと思っている方もいらっしゃるようです。 夫の両親とあまり仲が良くなかったり、夫への愛情が無くなってしまった場合、亡くなってからも同じお墓に入るなんて嫌だと感じてしまうそうです。

そんな方の悩みを解決することができるが「夫婦別墓」です。 生前離婚するまでもないけれど、亡くなった後は別のお墓に入りたいと考え、夫婦で別のお墓に入ることを「死後離婚」と呼んでいます。 亡くなった後に別のお墓に入ることで「離婚」したと同じと考えられるからです。

ただ、夫婦別墓にするとなると生前その意思を夫や家族に伝えなくてはなりません。 遺言として書いておくのも良いのですが、実際にそれが叶えられるかは遺族次第という部分もあります。 そんな不安を払拭するためにも、まずはゆっくりと考え、夫婦別墓が良いとはっきり意思が決まったら、夫や家族に話しをしてみましょう。

夫と別のお墓に入ると言う事は、自分の入るお墓を建てなくてはならないと言うことです。 当店『石屋千鳥』にも、奥様からのご依頼でご夫婦別のお墓を建てる事があります。 亡くなってからは1人が良いと考えている奥様が居ることに最初は驚きましたが、最近ではそれも当たり前になってきています。 そんな死後離婚を望むのは圧倒的に女性が多いと言われています。 男性はと言うと、死後離婚なんて考えたことがないという方はほとんどです。

夫婦別墓・死後離婚は法律的に問題がないのかという質問もあります。
婚姻関係にある中で亡くなってから別々のお墓に入るのは、法律云々ではなく個人の意思で決めることができるので、法律的には全く問題がありません。 ただ、実際問題として必要となるのが、夫や子供達といった家族の同意です。 なぜなら、亡くなってしまうと自分の意思で夫と別のお墓に入ることができないからです。 遺骨は遺族がお墓に埋葬するため、家族の同意を得ておく事が必要になります。 話しにくいことかもしれませんが、夫婦や家族でお墓について話し合うことが大切なのです。