地震でお墓が壊れました。修理は自費ですか?

墓石 地震

日本は地震大国とも言われています。

阪神淡路大震災をはじめ、東日本大震災、そして最近では熊本地震が記憶に新しいでしょう。 いつどこで大きな地震が起こるのか分からない恐怖は、日本人なら誰もが感じていること。 大きな地震でなくても、小さな地震を繰り返し受けることで、お墓はヒビが入ってしまったり、傾いてしまうなどが起こります。

そんな天災によるお墓の損傷については、住宅とは違うため自腹で修理するのが一般的です。 ただ、最近では墓石用の地震保険などもあるようですから、万が一に備えて入会しておくのも良いと思います。

震災でお墓が完全に倒れてしまったご家庭もあるかと思います。 お墓はとても重いものですから、自力で持ち上げることは不可能です。 しかも、倒れた際に墓石が破損してしまっている事がほとんどですから、多くのご家庭で建て直しをされた方が多いかと思います。 これまでの墓石を除去し、新しいものを建てるのですが、結構な出費になります。

では、最初からお墓を建てる際に耐震施工はできないのか、と思いませんか。

当社「石屋千鳥」では、墓石の耐震・免震施工を標準で行っています。 免震施工には、墓石用の地震ゲル「泰震」を採用することで、荷重の分散化と振動の吸収が可能になります。 そのため、墓石にかかる負担を大幅に軽減することができると言う新素材の免震システムです。 震度7でも倒壊しないことが証明されているので、大きな地震が起こっても安心です。

墓石だけでなく、基礎部分や外柵の補強による耐震にも力を入れています。 当社では、全ての墓石に耐震・免震施工を施しているため、安心してご購入して頂けます。 大切な方が眠るお墓をしっかり守るためには、やはりこういった耐震・免震施工が大切だと思っております。 最初からその対策が備わっていれば震災があっても慌てることがないと思います。

住宅に対しての地震保険に入会している方は多いと思いますが、お墓に対して入会している方はまだ少ないでしょう。 お墓の天災保険も確かに安心かもしれませんが、ずっと払い続けなくてはなりません。 最初から耐震・免震施工を施されたものが良いか、保険に入会するべきかは購入前に考えるべき大切なポイントだと思います。