お墓は長男が建てるべきなのか?

長男とお墓

両親のお墓やご先祖様代々のお墓を建て直すと言う場合、誰がお金を出すのかという問題が出てくると思います。

世間的に考えれば、長男がお墓を建てるのが一般的ではないかと思うでしょう。 しかし、決して長男がお墓を建てなくてはならない決まりはありません。 兄弟みんなでお金を出し合って両親のお墓を建てるケースもあるし、経済的に余裕のある次男、三男がお墓を建てることもあります。

また、最近では終活の一環として、自分が入るお墓を自分で立てる方も多くいらっしゃいます。 残された子供達に迷惑がかからないようにとお墓を自分で立てるのはとても素晴らしい事だと思います。 しかも、生前に自分のお墓を建てる場合は、消費税以外の税金がかからない仕組みになっているので安心です。 もし仮に長男として両親と同居しているのであれば、そのお墓に自分も入る事を想定できると思います。 その際は、長男だからとか関係なく、自分の気持ちを大切にお墓を建てるのも良いと言えるでしょう。

おそらく、両親が亡くなった後の永代使用権者は長男になると思います。 両親が永代使用権者を長男でなく別の兄弟や親族を指定した場合は別ですが、通常であれば長男が受け継ぐものです。 金銭的な問題でお墓を建てることができない場合は、別の兄弟にお願いしても良いし、ローンを組んでも良いでしょう。

こういったお墓を建てることに関しての相談は当社にも多く寄せられています。 お墓に関するなた身は誰に聞けば良いか、そう考えた時に当社のような石材店を頼って頂ければと考えています。 基本的に石材店はお墓に関するプロです。 兄弟間での悩み、夫婦間での悩み、そして親子間での悩みなど、お墓に関することであれば、何でも相談して下さい。 当社には、お墓の事なら何でも知っているスタッフが揃っています。

初めてお墓を建てる方は、分からないことだらけなのは当然のことです。 そんな時、お電話やメールにて悩みを相談して頂ければ、何でもお答えしたいと思っています。 もちろん、直接店舗まで足を運んで頂いてお話を伺うことも可能でございます。