銘石シリーズ M6(インド産)

インドM6

インド産御影石として知られている『M6』は、模様が特徴的な石材です。 緑色系の御影石で、艶がとても美しいと評判です。 インド産石材の特徴は、硬くて吸水率が低く石質に優れているのですが、M6も同様の石質を持っています。 和墓、洋型墓、デザイン墓など墓石として使用しても綺麗なのですが、M6で外柵や石塔を建てても本当に綺麗です。 石目が荒く、白っぽい部分も目立つので、特徴的なお墓を建立することができます。 高級感があるのにリーズナブルな価格帯で、人気急上昇の石材となっています。

インド産石材M6は、一見濃いめのグレーに見えますが、よくみると白い模様が入っているのが特徴です。 そのため、白色の文字がとてもよく映えます。 当店でもM6を使用したお墓を数多く建立しています。 墓石、外柵、舞台、霊標など全てをM6の統一したお墓は、高級感がありとても美しいものです。 薄めのグレー系や黒系ではなく、M6のように黒色と深緑色、白色が混じっている特徴的な石材は今後更に人気が高まると考えています。

インドは墓石加工の歴史がとても長く、それは日本よりも昔からおこなわれています。 インドは誰もが知っているように仏教発祥の地です。 南インドでは古くから石材が産出されており、石材の加工製品の中心地として知られています。 そんな石材彫刻の歴史は2000年以上もあると言われている通り、良質な石材が多く産出されています。 国産石材よりも良質な石材も多いこと、そして国産石材よりも安価な価格帯であることが、現在インド産石材が人気となっている理由です。

M6はどちらかと言えば、スタンダードな色合いですが、インド産石材には珍しい色合いのものもたくさんあります。 丁場によってその模様に違いがあることから、二つと同じものがない種類もあります。 赤系、ブルー系、グリーン系、黒系など好みに合わせて選ぶことができるので、輸入石材の中心になっていると言っても良いでしょう。 日本のお墓にしっくりくるインド産石材は当店でもおすすめの商品です。