要注意!お墓の指定業者とは?

がーん

皆さんは「指定石材店制度」をご存知でしょうか。

あまり良く知られていないのですが、寺院や民間の霊園にお墓を建てる際に良くあるシステムです。 このシステムは、その霊園や寺院にお墓を建てるのであれば、必ず指定の石材店でお墓を建てることとの決定事項です。 つまり、指定石材店制度が設けられている民間の霊園や寺院では、自分で好きな石材店を選ぶことができないということ。 指定された幾つかの石材店の中から選んで施工工事を依頼しなくてはならないのです。 指定業者の数は霊園や寺院によって異なりますが、規模が大きいほどその数が多い傾向にあります。 どんなに嫌でも、その墓地でお墓を建てたいのであれば指定業者以外の石材店の中から選ばなければなりません。

特別お付き合いのある石材店があるわけではないから、それでも良いと考える方もいらっしゃいますが、 この指定石材店制度には幾つか問題があります。

指定石材店制度の問題点

指定業者の名前が見学者に判らないようになっている

墓地を決める前にさまざまな霊園に足を運ぶと思います。
そんな見学者から見えないように、指定の石材店の店名が伏せられていることが多いようです。 あえて隠していると言っても良いでしょう。
なぜそんな事をするのか・・・それは、見学者をどの石材店が担当するのか、指定業者同士で取り決めた順番で既に決定しているからです。 先程は選べると言いましたが、正しくは選ぶことができない状況にされているのです。 平等にお客を担当するために、石材店同士で順番を取り決めているなんて、なんだか購入者側の気持ちに沿ってもらっていないような気がしませんか。

石材店によって技術、実績にバラつきがある

指定業者となっている石材店はそれぞれ技術力や実績に違いがあります
規模も違うし、墓石の品質にも違いがあります。 それなのに、指定業者として肩を並べている点に大きな問題があると思います。 上記で述べたように、既に担当石材店が決まっているとしたら、技術力が低く、実績も少ない業者に当たることも充分考えられます。

自分の意思で石材店の変更ができない

「順番」により石材店が一度決定されてしまうと、自分の意思で石材店を変更することができません。 そのため、どんなに墓石の質や費用に疑問を持っても、どうすることもできないのです。

ですので、墓地を手に入れる前に、指定石材店制度による縛りが無いかどうかを必ずご確認ください。当店がいくら他店様よりお安い御見積を出していたとしましても、当店でご購入いただけない場合がございます。