墓石石材業者の選択方法

寺院墓地や民間霊園において特段「指定石材業者」がないのであれば、自分で石材業者を選ぶ事が可能です。

でも、自分で選ぶとは言っても、たくさんある石材業者の中からどのようにして選べば良いか考えてしまいますよね。
墓石は決して安いものではありません。それに墓石代だけでなく設置費用もかかるのですから慎重に選ばなくてはなりません。 そこで、今回は失敗しないお墓作りをするための石材業者の選び方について紹介して行きます。

(1)お客の話を聞いて真摯に相談にのってくれる

お客の話をきちんと聞いてくれたり、真摯に相談にのってくれるのは石材業者として最低限のこと!
実際にお墓を建ててから注文したデザイン、材質と違うといったクレームが多いのは、お客の話をきちんと聞いていなかった証拠です。 そんな事にならないためにも、話をきちんと聞いてくれる石材業者を選ぶことが大切です。

(2)墓石のことや宗教・仏事に詳しい

墓石や墓石の設置を担う石材業者なら、墓石のことをはじめ、宗教や仏事に詳しいことが条件ではないでしょうか。 商売の一環として販売しているだけ、設置しているだけの業者に依頼したいでしょうか。 あなたが質問する事に対し、丁寧に分かりやすく答えてくれる業者なら信頼できるのではないかと思います。

(3)営業所や展示場があり実物を見ることができる

ネットで石材業者を探すと営業所や展示場があるのか疑問です。 ネットで石材業者を探すにしても、展示場があって実物を確認できるところを選びましょう。

(4)契約書や保証書がある

いい加減な石材業者の場合、契約書や保証書がないに等しいはず。
契約書を交わさずに口約束だけで契約してしまうと、トラブルの原因となることがあります。 保証書については、石の産地証明書や施工についての証明書も発行しているか確認しましょう。

(5)長期保証があること

お墓は一度建てたらしばらく建て替えることがありません。
しかし、中国産の石などそれほど耐久性に優れていない墓石の場合、建ててから数年で変色、劣化が見られることがあります。 また、施工の技術によってはちょっとした衝撃で石がずれてしまうなんて事も考えられます。
そこで、確認すべきはどれだけの保証が付いているかです。 1年~3年ほどの保証では心配だと思いませんか? できれば5年~10年の長期保証がついている石材業者を選びましょう。