石材店に多いトラブルとは

どの石材店も同じだろうと、適当に業者をえらんでしまうと後にトラブルが起きることがあります。 中には悪質な石材店もありますので、石材店選びは慎重におこなわなくてはならないものです。

そこで、今回は石材店に多いトラブルについて説明したいと思います。

石材店に多いトラブル

産地を偽って墓石を販売している

墓石はどれも似ていることが多く、素人目では中々判断することが難しいものです。
国産石材を使用した墓石は品質が良く高級品が多いのですが、外国産、特に中国産石材を使用した墓石は品質の低いものが多いです。 しかし、国産石材を使用した高級墓石と中国産石材を使用した墓石は、種類によって非常に似ています。 そのため悪質な石材店は中国産墓石を、国産墓石として販売している事があります。 特に人気の国産墓石と似た中国産墓石を偽ることが多いため注意が必要です。 最初は中国産墓石だとは気づくのは難しいと思います。 しかし、年月が経つにつれて割れ、変色が起こることで「石材店の嘘」が発覚するケースが多いと言えるでしょう。

加工地を偽って販売している

石材は確かに国産石材なのですが、加工地が外国である場合もあります。
どんなに良質な石材であっても、加工技術が乏しい場合、せっかくの石材の耐久性が劣ってしまいます。 国産石材を外国で加工する場合、工程の多くは機械でおこないコストを抑えているのが特徴です。 外国で墓石に加工された国産石材は、非常にリーズナブルな価格で販売されていることがほとんどです。 もし他の石材店よりも非常に安い価格で、国産石材を使用した墓石を販売していれば加工地は外国の可能性があります。

施工不良

お墓を建てる際は、基本的に墓石購入から施工まで全て石材店に依頼します。
しかし、石材店によって施工がいい加減であったり、施工技術が乏しいことがあります。 施工不良トラブルでは以下のことが考えられます。

  • 納骨室に水が溜まってしまっている
  • 水はけが悪い
  • お墓の仕上がりが雑
  • ちょっとした地震でお墓がずれてしまう、倒壊してしまう

上記のようなトラブルが起こらないためにも、信頼できる石材店を選ぶことをおすすめします。 ただ、どんなに信頼できる石材店であっても、思わぬ要因での施工不良が起きる可能性はあります。 万が一、施工不良が出た際どのようなアフターフォローを行うかが、良い石材店かどうかのポイントとなります。 お客様が納得、満足のいくアフターフォローを、早急におこなってくれるお店こそが良い石材店です。 石材店を選ぶ際は、施工不良が起こってしまった際に「修理」「石の交換」などどのようなアフターフォローがあるのかも詳しく聞くと良いでしょう。

注文したデザインと異なる

墓石を選び、デザインもきちんと注文したのに、出来上がったみたら注文したデザインと全く違うものだったというトラブルも結構多いようです。 また、サイズが間違っていたなんてこともあります。 これらは明らかに石材店のミスになるため、石材店が費用を負担してきちんと作りなおすのが当たり前です。 しかし、中には横暴な石材店もあり、自分のミスを認めないこともあります。 やはり信頼できる石材店選びは、とても重要だと言えるでしょう。

見積りと実際の請求金額に大きな違いがある

石材店では墓石購入から施工までの見積りを、契約前にお客様に提示するのが一般的です。 お客様も費用を用意する段取りがあるので当然の事がと思います。 石材店ではお客様のご要望をお聞きして、お墓が建つまでに掛かる金額を見積りにするのですが、それが大きなトラブルに発展することがあります。 まず一つ目がお客様自信に問題があるケースです。 見積り段階では注文しなかった石碑や柵を施工もしくは施工中に追加注文する場合に考えられます。 追加注文分の見積りを依頼せずに注文してしまい、実際の請求を見て驚いたという事はよくある話です。 そしてもう一つが石材店に問題があるケースです。 見積り時は比較的安い金額を提示するのですが、実際には見積り金額を大幅に上回る請求にする、要は悪徳商法的なものです。 そういった悪徳石材店は、見積書や契約書の分かりにくい場所に小さな文字で「追加料金あり」のような事を書いておき、口では説明しない事がほとんどです。

解約・返金でのトラブル

解約・返金でのトラブルは後を絶ちません。 その多くが以下のような内容になります。

1.墓石注文後すぐにキャンセルしたが応じてもらえない
2.契約書を交わさず口頭契約にも関わらずキャンセルに応じてもらえない
3.内金として数万円支払って墓石を押さえたはずなのに、墓地が決まって石材店に連絡したら既にその墓石を他の方に販売してしまっていたためキャンセル・返金を求めたが応じてもらえない

まず1.のケースは注文後すぐに発注してしまった事が考えられるため、仕方ない場合が多いと思います。
2.に関してはきちんと書面で契約しなかった石材店に落ち度があるにも関わらず返金に応じないため、専門家などに相談することができます。
そして3.ついては完全に石材店側が悪いと言えるでしょう。 内金を支払って墓石を押さえたにも関わらず、それを他の方に販売してしまうなんて酷いものです。 これも消費者センターや専門家に相談することでスムーズに解決することができるでしょう。

上記のようなトラブルが起こらないためにも、石材店選びは慎重におこないましょう。 信頼できる石材店を選べば、何一つ問題なく満足のお墓が建つに違いありません。