墓石にビールをかけたらどうなりますか?

haka-beer

故人が生前ビールが好きだったからと、お墓参りの際に墓石にビールをかける方がいらっしゃいます。
故人のことを想うからこその行動なのですが、実は、お墓にお水以外のものをかけるのはNGなのです。

なぜ墓石にビールをかけてはいけないのか・・・

それは墓石の変色や変質、カビの原因になるからです。
ビールだけでなく、お酒に含まれているアルコール成分が墓石の石目に染み込んでしまうと、上記のような現象が起きてしまうのです。 故人を想えばこその行動が、お墓所有者に迷惑をかけてしまう行為に繋がることを覚えておきましょう。

また、ビールやお酒、ジュースといったお供え物の蓋を開けて置く方も多いと思います。 確かに蓋を開けずに置くだけというのは、どこか故人に失礼のような気がしますよね。 でも、蓋を開けてしまうと、雨水が入り、中身が溢れ出してしまうため、結局墓石にかかってしまいます。 このことから、飲み物をお供えする場合は、蓋をあけずに置くことが一番良いと言えるでしょう。

そしてお墓参りのお供えと言えば、食べ物もあります。 お菓子や果物など食べ物をお墓に置きっぱなしにしてしまうと、カラスや野鳥の餌になってしまいます。 また、いつまでもそこに置いておくことで、腐った汁やカビが墓石についてしまう恐れがあります。 食べ物をお供えする際は、お墓参りの最後に持ち帰るように心がけましょう。

お供えと言えば、もう一つ『お花』があります。
お墓にお供えする生花は、なるべく花粉のすくないものを選ぶと良いでしょう。 花粉の多い生花は、墓石に花粉が落ちて染み付いてしまう恐れがあるからです。 お墓が汚れるのが嫌という理由で生花ではなく造花をお供えする方もいるほど、花粉はとてもやっかいなものなのです。

このように、自分の見解だけでお供えものを置いてしまうと、墓石を早く傷めてしまう原因になります。 お墓を長く綺麗に保つためにマナーをしっかり守ってお墓参りをすることをオススメします。