口コミになるような墓石とは

どうせお墓を建てるなら、口コミになるような評判の良い墓石を選びたいとお考えではないでしょうか。 口コミには良い評判と悪い評判の2種類ありますが、もちろん良い評判の墓石を選びましょう。 現在口コミになるような墓石とは一体どのようなものなのか気になるところです。

現在、墓石には国産石材のものと外国産石材のものがあります。
国産石材を使用した墓石は品質が良いため、評判が良いのはもちろんなのですが、外国産石材を使用した墓石にも品質が良く評判の良いものがあります。 それが『南米産・南アフリカ産・インド産の石材を使用した墓石』です。

南米産・南アフリカ産・インド産にはさまざまな種類がありますが、その多くが吸水率が低く、硬度が高い非常に品質の良いものです。 さまざまなカラーバリエーションがあるため、和型墓、洋型墓、そしてデザイン墓にも良く似合います。 価格帯も手頃な物が多いため、口コミでも評判になっているようです。 では南米産・南アフリカ産・インド産石材を使用した墓石で口コミで評判の高いものを幾つか紹介したいと思います。

バイオレットブルー

ウルグアイ産の墓石『バイオレットブルー』は、青御影として販売されています。
青みがかかったグレーの御影石でり、吸水率が低く、非常に硬い、そして変色しないと質の高さが人気となっています。 また、光沢があって艶持ちが良いのも特徴です。

インパラブルー

南アフリカ産の墓石『インパラブルー』には、細目と粗目の2つの種類があります。
石目に大きな特徴のある石材で、光の加減によって石目の中に小さなブルーの結晶が見られるのが美しいと評判です。 吸水性が低く、墓石に適している石材で、硬さも艶も申し分ありません。 美しい小さなブルーの結晶が宝石の用だと人気が高まっている墓石です。

ブルーシルク

南アフリカ産の墓石『ブルーシルク』は、その名の通り、シルクを彷彿させるような上品な光沢にブルーの鮮やかな結晶が特徴的な石材です。
ブルーというよりは、紺色と言った方がしっくり来るかもしれません。 高級感あるその佇まいは、洋型墓たデザイン墓に適しています。 石質も硬く良質。

ベルファースト

歴史ある石材として日本知られているのが南アフリカ産の『ベルファースト』です。
墓石としてだけでなく、建築石材としても使用されている黒御影石です。 石質も硬く、吸水率が低いため高品質な石材として扱われています。 中には目合いの中に金色の粒子が見られるものもあります。

インドSR

インド産墓石の中で非常に硬い石として知られているのが『インドSR』です。
吸水率「0.005%」と非常に低い良質な石材です。 一見黒い石材に見えるのですが、実は緑色がかかった「緑黒色系」で上品なイメージがあります。 日本においてインドSRは高級石材として知られています。 ただ、高級石材で価格が高いので、墓石本体として選ぶことはできても、外柵には不向きかと思います。 当店ではそういったお客様に対し、外柵には似たような別の安価な価格の石材をおすすめしています。

上記以外にも数多くの南米産・南アフリカ産・インド産石材を使用した墓石が販売されています。 上記で紹介した墓石はどれも品質が良いので、安心して購入することができるでしょう。

南米産・南アフリカ産・インド産墓石以外にも口コミになるような墓石はあります。 特に国産石材は高品質でとても好評です。 ただ、墓石の材質というよりも、「デザイン墓」として口コミで評判になっているようです。 近年、さまざまなデザイン墓が建てられるようになりました。 寺院墓地ではある程度決まりがあるため、変わったデザインの墓石を目にすることはありません。 しかし、民営霊園ではさまざまなデザインの墓石が建っています。 生前故人が大好きだった物や趣味をイメージした形であったり、お墓とは思えないほどデザイン性溢れたものであるなどこれまでにないお墓の形が口コミで評判になっているようです。

そして西日本の口コミでよく話題となっているのが「黒色のお墓」です。 実は西日本では黒色の墓石でお墓を建てる風習がありません。 そのため、東北地方や関東地方など東日本で建っている黒色のお墓が非常に珍しいと話題となっているようです。 中には黒色のお墓が不気味に感じるとの意見もあるようです。 日本は小さな島国ですが、地域によってお墓の色合いに違いがあります。 関東地方から東北地方にかけては黒色の黒御影系墓石が人気です。 関西地方では明るめのグレー、白御影系墓石が多く選ばれています。 見慣れないために、関西地方の方が黒御影系墓石を見ると不気味と思ってしまうのかもしれません。

当店では国産墓石をはじめ、外国産墓石などさまざまな種類の墓石を取り扱っております。 注目を集めつつあるデザイン墓も承っており、これまで故人のお好みにちなんだデザイン墓を数多く手掛けてきました。 石材の種類、色の組み合わせも自在なデザイン墓はこれからどんどん普及していくと思っております。 お墓のことでお悩みの方は当社までお気軽にお問合せ下さいませ。