お墓の建替えやリフォームのタイミングとは?

お墓は何年も、何十年もの間、雨風にさらされているため、どんどん劣化して行きます。

もちろん、日本産の石を使用している墓石は耐久性に優れていますから、建ててから100年以上も経っているなんて事もあります。 でも決して綺麗な状態とは言い難いのではないでしょうか。 お墓の立て替えやリフォームのタイミングはそれぞれの家庭で違いがありますが、ご家族が亡くなった際に立て替えるのが一番多いようです。

お墓の建て替えやリフォームのタイミングは、石の素材や石材店の施工技術により違いがあります。 素人目ではまだまだ大丈夫!と思っていても、実際にはかなり劣化が進んでいる可能性があります。 お墓の状態を把握したい場合は、やはりプロにみてもらうのが一番良いと思います。

基本的にお墓の建て替えやリフォーム時期に決まりはありませんから、家庭の都合で建て替えをすることができますが、 プロの判断により、いち早く建て替え、もしくはリフォームをした方が良いとなったら、崩れてしまう前に施工をお願いすることをオススメします。

お墓のプロとは、石材店です。 プロに見てもらえば、建て替えなくてはダメなのか、簡単なリフォームで済むのかも判断してもらえます。
ただ、ここで間違ってはいけないのがお願いする石材店です。 これまで一度も石材店を利用した事がない方は、どこを選べば良いか迷うと思います。 そんな時は、知り合いの方や親戚の方に石材店の知り合いがいるかどうか聞いてみると良いでしょう。 それでもいない場合は、親切だと評判の石材店を探しましょう。 お墓は決して安いものではありません。だからこそ、信頼できる石材店を探すようにしましょう。
その候補に、石屋千鳥もぜひ。実績などをご覧いただけたらと思います。

お墓は先祖が眠る大切な場所です。
だからこそ、いつも綺麗に保つことを考えなくてはなりません。 定期的にお手入れやお掃除をすることで耐久年数にも差が出てくるでしょう。